RSS Feed

山陰地方の鳥取市について

山陰地方にはいくつかの県があるのですが、その中の一つである鳥取県の鳥取市は県庁所在地でもありますし山陰地方の中心的な都市の一つでもあります。

現在の鳥取市は全国の県庁所在地の中で最も人口が少なく、高齢化が進んでいるということが課題となっています。

しかし広島市や神戸市、大阪市との距離が近いということから、山陰の東玄関という位置でもあります。

江戸時代は鳥取藩の城下町だったので経済圏としての役割は現在でもありますが、それ以外にも鳥取大学や日本海テレビなどの建物がある地方の拠点都市でもあります。

観光地として最も有名なのは鳥取砂丘です。

鳥取砂丘は鳥取市の日本海側に広がっているのですが、日本では最大の砂丘です。

山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定されてもいます。

またそれ以外にも国の天然記念物や日本の地質百選にも認定されています。

鳥取砂丘は観光地としての役割が大きいため、レストランや土産物屋が多くあります。

また観光の目玉としてラクダや馬に乗ることが出来たりします。

地元にはハンググライダーやパラグライダーを楽しむ人もいますが、全国規模で有名なのはサンドボード大会です。

また夏にはイカ釣り船の漁火をみることができるのですが、これが一つの風物詩にもなっています。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.