RSS Feed

島根県の米子市について

山陰地方にはいくつかの都市圏がありますが、その内の一つに米子市があります。

米子市は鳥取県の西部にある都市で、東側には小山市、西側には島根県の安来市、そして北側には境港市があります。

江戸時代の初期からすでに商業都市として発展しており、山陰の大阪とも言われています。

また米子市を中心として山陰地方では最大の人口数を誇っているため、現在でも経済の中心地としての役割があります。

山陰地方にはいくつもの温泉地があるのですが、そのなかでも最大である皆生温泉があります。

その他にも日本でのトライアスロンの発祥地として有名になっています。

多くの周辺地域の町や村と接していることから、交通においての要となっています。

歴史的には江戸時代に米子城が完成をしたことをきっかけに、それから城下町として発展しました。

明治に入って鳥取県の米子市となった以降は、周辺の町や村と合併し現在の広さになっています。

観光地としては皆生温泉が有名です。

皆生温泉は弓ヶ浜に面しているため、海が直ぐ側にあるというような宿泊施設が多いです。

ナトリウムやカルシウムなど塩化物が含まれている温泉ということから、効能が高いということでも人気のある温泉です。

また米子空港や米子駅、米子自動車道などからのアクセスもいいことから、山陰地方の中でもとくに観光客が多いことで有名であります。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.